自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

父の介護ベットが届きましたが・・

2018-10-19
本日の母
・今朝も問題ない顔してます。
・今日は介護ベットが来るので何か気にしてるようです。
  ※母の気になるのは父の言動でした。
    ・・父「ベットの収納棚を作らなくては」
・ベットは午後1時半の設置予定です、私も午前中は旧ベットの片付けで忙し
  いのに、父の余計な後始末をすることに。(書きませんが大変でした)
・その後も大変でした。


父の介護ベットが届きましたが・・
予定通り午後1時半に業者とケアマネのIさんが到着し、ベットの設置が終わり
、ベットメイクをして、父に依頼されたジャパネットの6枚重ねの軽い毛布も
掛けて、さあ、終了しました。


ところが父はベットに来るなり毛布を見て、これは何だ?・・・・
  母がジャパネットの毛布だと言うと、「違うだろうこれは、TVで観たの
と違う」と言い出す。・・・・?


何が違うのか?と聞くと。6枚重ねのを宣伝していたと・・・?
  私はおもわず、これが6枚重ねなんですけど・・・父(イメージが違うと)


父は次に「収納棚を付けるので旧ベットの収納部分を何処にやった」?・・
私は「外して分解して物置に持って行った」と言うと・父「持ってきてくれ」


あの収納部分をどうするのか?聞くと ・・・介護ベットに着けると言い出す。


介護ベットはレンタルなので手を加えることは出来ないと言うと。「何でだ」
と言う。レンタルの意味を伝えたが納得はしていない。


最近は母のエピソードよりも父のエピソートが多く、ブログの登場回数が増え
る事が予想されますが、宜しくお付き合い下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。