自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

風呂から出られなくなった父(昨晩)

2018-12-10
本日の母
・体温:問題なし
・体調も良さそうだが昨日から食べすぎていると自省する母
  ※ストマに溜まるのは水様便とガス
・父の昨晩の事件(風呂から出られなくなった)を気にして
  もう風呂には一人では入れられないと私に言う母・・
・今日は訪問看護と訪問リハの日なので色々と相談してみることにした。


風呂から出られなくなった父(昨晩)
以前(11月19日のブログ)に風呂の洗い場で立ち上がれなくなった事を
書いたが、それ以来、父の風呂は母も私も注意して監視してきた。


その後、特に問題なく過ぎたが、昨日は一日寝ていた事もあってか父が
風呂から出られなくなった。


風呂で何か問題が起こった時には浴室モニターで見えないが監視が出来
るし、母が風呂場の音を聞きながら気にしているので両親の声の掛け合
いからも様子が分かる。


昨晩は風呂から出るのが遅い事を気にして、私に見に行くように携帯が
なった。見に行くと父は湯船にいて、大丈夫だと言っている。長湯だか
ら直ぐ出るように伝えたが、15分しても出た様子がないので、再度見
に行く。


父は浴槽のお湯を全て抜いて立ち上がろうとしている。出られないのか
聞くと大丈夫だと・・・(大丈夫なはずがない)・・意地をはる父
手を貸してやっても出られないので引き釣り出した。


ついに風呂に自力で入れなくなることを覚悟しながら、私が詳しく状況
を聞こうとしても、父は意地をはるだけであった。


今日は訪問看護師のOさんに相談し、木曜日に実際風呂に入る状況を観察
してもらい手摺位置や器具の工夫などで自力入浴が可能か判断してもらう
事にした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。