自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

寝すぎか?認知症か?(父)

2018ー09ー28
本日の母
・体温、平熱
・今朝はいつもより30分早い朝(私が母の弟の手伝いに行くため)
・母は朝食時に父に「早く食べないと」・・・私の出かける時間を気にしてる。
・午前中の手伝いを終えて帰宅し、昼食後に父が髭を剃る?
・夕食後に父がビールを飲まない・・・・?


寝すぎか?認知症か?(父)
父の認知機能に関しては何度かふれてきたが、認知症の手前の軽度認知障害
の疑い段階で、93歳であればまだ日常生活に少し問題が出てきたところ。


毎朝父は髭を剃る。電気カミソリで剃るのが日課になっている。今日は昼食
後に又髭を剃り始めた。訪問リハの日などは2回目の髭剃りもあるが、今日
はなんで?と思った。・・・・


夕食の準備が出来て母がテーブルに着き、父が遅れてテーブルに着く、いつ
もなら缶ビールを必ず開けるが今日は開けない。置いてある缶ビールが見え
ないのかと思っていたが開けない。


少し後で、回りを見渡し缶ビールがあるのに気づき「夕飯か?」と一言。
父は朝食だと思っていたらしい。


寝てばかりいるので時間的感覚がづれているのだと思ったが、食事中に母と
父に長谷川式の認知症テストをそれとなく行った。


今日は何月何日だった?父「解らない」、母「9月28日」、父に今日は何曜日?
と聞くと「水曜日」と、根拠は?と聞くと「リハビリが無かったから」と。
リハビリが無いのは水曜日だけ?と質問すると「分んなくなった」


その後、100引く7は?父「?」母に聞くと「93」、93引く7は?父「80台だ
とは思っているが解らない」母は?「86」この時点で母は全く問題ない。父は
軽度の認知障害があるが年齢的に考えると妥当なような気もする。しかし行動
に注意していく必要を感じる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。