自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

晩酌を忘れて3日目

2018ー10ー3
本日の母
・体温、問題なし
・今日は往診日、母はU先生に薬の事で相談することがあると言う。
・母は往診で元気ぶりをアピール。


晩酌を忘れて3日目
父は「俺が酒を飲めなくなったらお終いだ」と良く口にする。
確かに量は少ないが365日晩酌を欠かさない、飲むのが楽しみなのだ。


そんな父だが、3日前から晩酌をしない。夏場は缶ビールを飲むため、
私が冷えたものをテーブルに置いておくため、目の前にあるから忘れ
る事はなかったし、最初は忘れても食事中で思い出して必ず飲む。


父は4日前から日本酒にすると言いだしたため日本酒の一升パックを
テーブルの下に置いてある。それを自分で注いで飲むため忘れ安い
のかもしれない。


父は毎日晩酌をする人だから飲まないのは回りで直ぐ解る。母も昨日
と今日は気づいていた。しかし無理に飲ませる必要はなく母は黙って
いたと言う。私は認知症の可能性などを考え様子を見ることを考えて
黙っていた。


しかし3日晩酌がないと・・・?どうしたのか気になる。
私は後で、母に晩酌しない理由を聞いてみたらと言うと、母は夕食後
ベットに帰り聞いたようだ。


結果は「飲むのを忘れていた」であった。
最近の父は食い気のほうが先行している。テーブルに着くなり何かを
食べ始める、そして飲む事を忘れてしまうようだ。認知症的には少し
問題が出てきたと言える。


明日は母が晩酌を忘れないように気遣うだろう。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。