自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

父の行動と睡眠薬

2018ー09ー11
本日の母
・体温、問題なし
・朝から父の行動を気にしている。
・食欲あり、ほぼ完食
・筋力の回復が難しい


父の行動と睡眠薬
2~3日前から父が朝起きて食卓に着くまでの時間が遅い、デイサービスに
行かなくなって、朝の時間を気にしなくなったためかと思っていた。


母の朝食が終わる頃になっても父は部屋から出てこないので見に行くと、まだ
ズボンも履いていない、そして濡れたパジャマをもっているので聞くと、口が
まとまってない(呂律が回らない)ようである。


濡れたパジャマの原因は脱がずにPトイレでしたようだ、目力もない。


これは?直観的に睡眠薬のハングオーバーかな?と思い、父に何時に何錠飲ん
だのか?と聞くと、1錠で良いはずの睡眠薬を2錠飲んでいることが判明した。


母にこの件を話すと、母も昨日の朝、雨戸・ガラス戸・障子戸の順番や位置が
解らないのか、開け閉めが上手く出来ないのでおかしく思っていたらしい。


この日の朝は味噌汁はこぼすし、トイレは失敗するし、大変な状況であった。
しかし、原因が解ったので薬の管理を私がするようにした。
※これでまた一つ仕事が増えることになる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。