自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

93歳のパソコン

父は93歳になった今でもパソコンを使う、正確に言えば現在はWORDを使う
だけになった。以前は写真管理なども行い、メールで写真印刷を発注していた
時もあった。最近、また何かWORDで始めたようだ。内容はまだ確認していな
い。


父にパソコンを教えたのは私だ、今から20年以上も前のことである。ボケ防
止に良いのではと勧めたのがキッカケである。その当時、私は九州や四国など
へ転勤しており、実家に帰るのは年に2回(盆と正月)くらいであった。帰る
と父からパソコンの使い方の質問攻めに合ったのを覚えている。


凝り性の父はNHKのパソコン教室などを録画したり、テキストを購入したりし
て、ほぼ独学で扱い方を覚えていった。そして年賀状や家系図、自分史などを
コツコツと作成して楽しんでいた。今ではパソコンも3台目である。


年賀状を出すのは90歳になった事を契機に止めたことで、パソコンに触れる
機会は極端に減った、最近では殆んど使っていなかった。


本人が良く言うが「俺がボケなかったのはパソコンをしていたからかもしれな
い」 ボケ防止効果は確かにあったのかもしれない。そしてまだ使う気持ちが
あるのだから凄い。しかも私への質問は少ない、一度、漢字変換が上手くいか
ず質問してきたくらいである。93歳にしては大したものだと思う。


しかし、93歳で身体が衰え、自分の便意が分からなくなり失敗する父が、這
いまわりながらパソコンを引きづって、ベットから茶の間へと動き回りながら
使っている姿は、現代の高齢化社会を象徴しているかのように思う。


いったい何を書いているのか?
本人はただ「ボケないようにと思って使っているだけなのかもしれない」?



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。