自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

母の腹痛

2018-12-30
本日の母と父
・体温:問題なし
・母は正月の事で頭が一杯だ、自分は何も出来ないのに考えている。
 ※今日はお年玉の準備をして欲しいと頼まれた。
  ・・・親戚の子供や曾孫が来たら渡すようにと・・
  ・・・いくらのを何個作っておいてくれと指示・・・
・父はリハビリを兼ねてと車椅子を使わず食卓へ這って移動できた。
 ※少し筋力が回復しているようだ・・
・夕方、母の腹痛で呼び戻される。


母の腹痛
昼前にストマ漏れの前兆を発見した。何週間か漏れトラブルがなかった
が今日は漏れるなと覚悟を決めていた。


夕食の準備で買い物から帰る途中で母からの携帯が鳴った。???
きっと漏れたのだろうと思って電話に出ると、お腹が異常に痛いと・・・


家に帰りベットサイドに行くと悲痛な顔をして涙を流している母・・・
かなり痛いらしく冷や汗が出ると言っている、腹部を看ると左ストマから
硬そうな便が出ているのが分り、便通によるものだと判明した。


偶には排便通が起こるが、今回の痛みは冷や汗が出たと言うので相当な
痛みだったと思われる。排便通ならリズムがあるので直ぐに治まるの可
能性が高いので我慢させていたら痛みは無くなった。


夕食も普通に摂り、食後、左ストマから大量の排泄があったので処理し、
腹痛は問題なくなった。漏れは兆しがあるがテープ止めを厳重にして明日
までもたせる。


明日は帰省が出来なくなったO看護師さんが臨時で両親を看てくれる。
大晦日なのに有難いことです。感謝・感謝です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。