自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

昨夜の出来事と今日の父

2018-12-20
本日の母
・母は問題なし
・母は夜中も含めて父への気遣いで疲れている・・ 
 ※夜中にベットから降りる気配で目が覚める
 ※父が何をしようとしているのか分からない
・午後、訪問看護
 ※母の体調は良い。


昨夜の出来事と今日の父
昨夜は近くの親戚から夕食後に介護の気晴らしに来ないか誘われて
7時からお邪魔し、父の現状や愚痴などを話していた。


8時前になると母から携帯が鳴り、父が逆さになっているから急いで
帰るよう言われた。慌てて帰ると・・・


父は母のベットとの間に頭から逆さに落ちて動けない状態になってい
た。原因はよくわからない。


今朝の父は動ける状態ではなかったのでベットで朝食を摂り、昼食時
はどのくらい動けるのか見るために昼食前から食卓に着くように言い
動きの状態を見てみると・・・這いながらも食卓につく事が出来た。


午後の訪問看護が始まる直前になって排便トラブルが起こり、慌てて
処理したが、父は何故起こったのか理解していない様子に唖然とする。


父は入浴後、疲れたらしく夕食は食べたくないと言うので果物で対応
した。


今日もケアマネさんと今後の対応を話し合った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。