自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

日にち感覚が無い父

2018-12-14
本日の母
・体温:問題なし
・母の記憶力は凄い(タオルケットの交換時)
 ※19年前に頂いたタオルケットを覚えている。
  ・・・誰々さんの何のお祝いの品かまで覚えている
・今日は伯母からハガキをもらい、母は久しぶりに電話して伯母
 と色々話をした。父も電話に出て普通に当たり前の事を言って
 いたが、今日が12月の幾日なのかが分からない状態


日にち感覚が無い父
我が家では両親が見やすいように大きいカレンダーを数か所
吊るしてある。


食卓から見える処のカレンダーは私が行事やメモを書き入れ
ている。そのカレンダーを見て父は


父からの一言「今日は往診の日だな」・・・?
 ※往診は19日(水)である。


何故今日が19日なのか聞くと・・・・丸印が付けてあるから
と父が言う。※丸印は私が往診日に付けたものです。


丸が付いているから今日なの?・・・・そうだろうと父
  ※理解できない返事に唖然


それでは今日は何曜日ですか?・・・水曜だろう。


では昨日は訪問リハがありましたが何曜日でした?・・・???
訪問リハのあるのは何曜日です?・・・・火と木(月と木が正解)


私は教えず突き放した、最近新聞も見てない(TV番組表)から、
新聞で今日の日付を確かめたらどう・・・と


すると、日にちが分からなくても年は越せるからいいや・・・と


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。