自宅で死にたい母の介護ブログ

入退院を繰り返した母親にもう二度と入院はし たくないと言われ、在宅での介護を決意、これから先 の予測できない医療対応と介護を行い、両親と 私に発生するストレスを記すブログ

寝すぎの父

2018-11-28
本日の母
・体温:問題なし
・少し元気がない様に感じる
 ※母は特になにも無いと言っている。
・昼食に起きて来ない父
 ※母が何回起こしても返事をするが起きる気が無い。
 ※結局30分遅れで一人で昼食することになる。
・夕食も完食した母だが便が出ないので気にしてる様子
 ※お腹が少し張ってきた感じがあると言う。
 ※夕食後の下痢止め薬は中止した
 ※明日の訪問看護にて対応を相談する。


寝すぎの父
神経痛の痛みで眠れないことが多い父だが、この何日か良く寝ている。
昼間の時間も寝ているほうが多いと母は言うくらい寝ている。


今日も昼食に起きて来なかったくらい眠たいらしい、以前薬の飲みすぎ
による寝すぎがあったが、今は睡眠薬関係は母が手渡しで飲ませており
飲みすぎはないので心配はない。


神経痛の痛みが少ないので眠れるなら良いが、寝すぎで頭の回転が鈍っ
て来ており心配だ。着替えなどに時間がかかるだけでなく、着る物まで
いい加減になっているなど行動に表れている。


そしてもっと大変なのは寝すぎでトイレに行かず、リハパンは履いては
いるが吸収しきれずにシーツやズボンを濡らして今日は2回も替えてい
ことである。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。